このページの先頭です

クレジットカードにはどんな種類がある?発行までの流れは?

256views

投稿日:

クレジットカード選び

クレジットカードを作成したい時は選ぶことから始めます。一般カード、ゴールドカード、プラチナカードなどクレジットカードのステータスは様々です。ステータスが高いほど充実したサービスが受けられます。

その代わりに年会費が上がるため、事前にどの位の年会費が掛かるのか調べておいて下さい。ポイント目的という方はポイント還元率を調べておくと選びやすいです。

クレジットカードの種類

銀行系や航空系、鉄道系、信販系、流通系などクレジットカードの種類は様々です。このうち銀行系クレジットカードにはキャッシュカードとの一体型というものがあります。1枚のカードでクレジットカード、キャッシュカードの機能を持っているのが特徴です。海外旅行や海外出張に便利なのが航空系のクレジットカードです。

マイルが貯まるクレジットカードはたくさんあります。しかし航空系の中にはボーナスマイルが貰えるクレジットカードがあるのです。他のクレジットカードよりマイルを貯め易いのが魅力です。鉄道系のクレジットカードにはSuicaやPASMOなどの交通ICカード機能が付帯されています。わざわざ切符を購入することなく、改札機を通過することが可能です。

信販系のクレジットカードはポイント還元率が高いものが多く、ポイントが貯まり易いというメリットがあります。流通系のクレジットカードはデパートや百貨店、コンビニ、家電量販店などが発行しています。よく買い物する店の流通系クレジットカードを持っているとポイントが貯まり易いです。

申し込みから発行まで

クレジットカードでは申し込みから発行までの流れがある程度決まっています。流れを事前に知っておくとスムーズに受け取りできることが多いです。

インターネットで申し込み

最近ではインターネットで申し込みする方が増えてきました。郵送で申し込みするより発行までがスピーディーとなっています。オンライン申し込みフォームの必要事項に入力して送信します。入力内容に間違いが無いか、変換ミスが無いか確認してから送信して下さい。

入会審査

申し込み後は入会審査が実施されます。ステータスの高いクレジットカードほど審査が厳しくなります。メールで審査結果を連絡するクレジットカードが良く見られます。

カード発行

入会審査に合格次第、カード発行となります。発行されたクレジットカードは簡易書留郵便で自宅に届きます。3営業日から6営業日ほどで発行されることが多いです。中には即日発行するクレジットカードもあります。

郵送、店頭受け取りと2種類の受け取り方法があり、即日受け取りする場合は店頭受け取りを選びます。ただし即日発行するクレジットカードは少ないです。

会員専用WEBサービス

クレジットカードを受け取りした後は会員専用WEBサービスにログインできるようになります。利用明細の確認もWEBからできるため、自宅に利用明細書が届きません。

本人確認書類が必要

クレジットカードに申し込みする際、必要になるのが本人確認書類です。他人に成りすましてクレジットカードが作成されるのを防ぐために本人確認書類で確認しています。この本人確認書類には運転免許証、健康保険証、パスポートなどがあります。このうち最も本人確認に適しているのが運転免許証です。

運転免許証には顔写真に加え、本人の氏名や生年月日、現住所など様々な情報が記載されています。車を運転する人ならすぐに準備することが可能です。本人確認書類はデジカメやスマホなどで画像化し、オンラインで提出することが可能です。

中には自宅でのカード受け取り時に配達員が本人確認を行うというクレジットカードもあります。運転免許証などの本人確認書類を配達員に見せて確認して貰うという方法です。わざわざ画像化する手間が掛からないというメリットがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です